韓国料理の「ナッコプセ」とは?お手軽なレシピも

ナッコプセは、韓国の釜山の郷土料理で、タコ、牛ホルモン、エビが入った辛い鍋です。
テレビ東京の人気ドラマ『孤独のグルメ』でも韓国釜山の「ナッコプセ」が紹介されていました。

目次

ナッコプセとは

ナッコプセは、韓国語で「ナクチ(タコ)」、「コプチャン(ホルモン)」、「セウ(エビ)」を組み合わせた略語で、この3つの食材の頭文字をとっています.

辛いみそをもみこんだ牛ホルモン、タマネギ、キャベツ、ネギ、ニンジン、韓国春雨なども一緒に煮ます。

もともと、労働者の食事として好まれた庶民的な郷土料理ですが、今では地元の人だけでなく、観光客にも大人気のソウルフードになっています。

家庭でも手軽に作れるレシピ

もちろん、お店で食べるのは美味しいですが、家庭で食べる鍋も格別。

コチュジャンや唐辛子など揃えなくても簡単にできるレシピを、モランボンさんが公開していました。

ナッコプセ 調理時間 20~30分

材料:3~4人前

生もつ 又はボイルもつ    300g
えび             100g
たこ             100g
白菜             1/4株
長ねぎ             2本
玉ねぎ            1/2個
にら              1束
熟成濃厚キムチチゲ用スープ 1パック

モランボン 熟成濃厚キムチチゲ用スープ

これを使えば簡単!

¥730 (2024/05/11 22:45時点 | Amazon調べ)

作り方

1 沸騰したお湯に生もつ(または ボイルもつ)を入れ、再び沸騰してから約3分ゆで、ザルにあげて水気をよく切ります。

2 たこ、野菜は食べやすい大きさに切ります。

3 「熟成濃厚キムチチゲ用スープ」をよく振ってから鍋に入れて軽く煮立たせ、にら以外の材料を加えます。

4 材料に火が通ったらにらを加え、ひと煮立ちさせてできあがり。

より辛さを求める方は、唐辛子粉を追加したり、ラー油をかけてもOK!

※調理時にスープがはねることがありますのでご注意ください。

〆はポックンパがおすすめ!

魚介とホルモンの旨みが出た濃厚スープで作る絶品焼きめし

【材料】
ご飯、ごま油:適量
卵、のり:お好みで
【作り方】
残ったスープにご飯、ごま油を加え、汁気がなくなるまで炒め合わせたらできあがり。お好みで卵、のりを加えてお召しあがりください。

~調理ポイント~
スープとご飯の比率は1:1がおすすめです。

年末になるとお正月需要でタコがたくさん売られているので、お正月にこんな鍋をするのも楽しいですね!

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

バツイチのアラフィフです。
現在は派遣で証券会社で働いています。
何にでも興味を示し、知識は広く浅くがモットー。気になったことはすぐに調べたい性格。
せっかちな江戸っ子です。
細かく文章を書くのが苦手なので、寛大なお心で読んでいただけたらと思います。

目次

コメント

コメントする

目次